再生の意味を問うな

アクセスカウンタ

zoom RSS いまさらDELL XPS D300 Bios アップデート

<<   作成日時 : 2004/10/22 04:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

じゃんぱらでCeleron400MHzを衝動買いしてしまった。500円。
MA23Dをルータにすべく購入したのだが、今一つうまく動作しない。
だいたいCeleron自体が悪いんじゃないの?
といつものように手近なもののせいにしてみる。

ここはceleronの動作が分るマシンでチェックするしかない。
出戻りのDELL Dimension XPS D300に入れてみる。
動かない。
まずはBIOSのアップデートが先でした。
前にXPS D266やったBIOSアップデートからやらねばならない。
INTELからダウンロードしたものが残っていたので、
素直にFDに焼こうとしたら起動DISKにしなければならないので、
手っ取り早くするために、Win98のマシンが必要になる。
これもXPS D300でいいやと思ったのが泥沼の始まり。
FDDの調子がわるい。
はずしてみるとえらい綿埃。FDDの筐体も分解して埃をとる。
もしかしたらこれが「出戻り」の原因かもしれない。
FDDも復活したのでアップデートに取り掛かる。

マザーボードのJ8B2ジャンパをRecovery Modeにして電源をON。
ぴーーー音の後にFDDが起動し、ぴーーぴーー音で終了
(この間画面は無表示)
電源OFF
J8B2ジャンパを戻して電源ON
画面はINTELのものになりバージョンは4A4LL0X0.86A.0031.P14になった。
アップデート中、前のバージョンのように画面になにも表示されないのは、
なんとも心臓に悪い。

これでCeleronに差し替えて起動。
起動した。

ということはMA23Dの方のBIOSだなぁ。
こちらは望み薄かもしれない。

本日のGB単価 なし

Pentium II 300MHzをCeleron400MHzにするiCOMP INDEXの差は?
  問うな(というよりiCOMPってなつかしいーー)

台風の後なので裏の川も増水していた。
増水の度にカワセミの餌場を整備している方がいらっしゃる。
奇特なものです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いまさらDELL XPS D300 Bios アップデート 再生の意味を問うな/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる